2019年度 ニュースリリース

2019.7.5

4月から伊豆で実施 日本初「観光型MaaS」実証実験のPhase1結果報告

東京急行電鉄株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ジェイアール東日本企画は、国内外観光客が、鉄道、バス、AIオンデマンド乗合交通、レンタサイクルなどの交通機関を、スマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる2次交通統合型サービス「観光型MaaS」の実証実験(以下、本実証実験)を、2019年4月1日に伊豆エリアで開始しました。
本実証実験は、4月1日~6月30日までの「Phase1」と、9月1日~11月30日までの「Phase2」の2回、計6カ月間行われます。今般、「Phase1」の終了を受け、実験結果の詳細をお知らせするとともに、本実証実験が休止する7月~8月においても、専用MaaSアプリケーション「Izuko」(以下、「Izuko」)を伊豆急行線沿線で提示すると受けられる、さまざまな特典内容をご紹介します。
 

過去のニュースリリース

Page Topへ