2013年度 ニュースリリース

2013.7.29

「交通広告グランプリ 2013」各賞が決定!

「交通広告グランプリ 2013」(主催:㈱ジェイアール東日本企画、協賛:東日本旅客鉄道㈱、㈱東京メディア・サービス、
後援:(公社)日本鉄道広告協会)の受賞作品が決まりました。

最高賞であるグランプリは、大塚製薬株式会社の『とどけ、熱量。』が受賞いたしました。

各部門の最優秀部門賞は、

駅ポスター部門は株式会社レコチョクの『レコチョクBEST「思い出が再生する。キャンペーン」』、
車内ポスター部門はJRグループの『山陰デスティネーションキャンペーン』、
サインボード部門はダイビル株式会社の『ビルはビルでもダイビルです。』、
デジタルメディア部門は国立新美術館の『「具体」展』、
企画部門はライオン株式会社の『「ナノレベルの白さへ」キャンペーン』、
JR東日本賞は株式会社トヨタマーケティングジャパンの『ReBORN CROWN』

が受賞いたしました。

過去のニュースリリース

Page Topへ