2019年度 ニュースリリース

2020.3.17

日本初、伊豆半島で展開した「観光型MaaS“Izuko”」実証実験の結果報告

  東急株式会社、東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ジェイアール東日本企画は、国内外観光客が、鉄道、バス、AIオンデマンド乗合交通、レンタサイクル、観光施設などをスマートフォンで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる2次交通統合型サービス「観光型MaaS“Izuko”」の実証実験を、2019年4月1日から6月30日までの「Phase1」と2019年12月1日から2020年3月10日までの「Phase2」の約190日間で実施しました。
  Phase1の課題を踏まえ、Phase2では、アプリケーションからWebブラウザに切り替え、柔軟な商品設計を実現したほか、画面デザインや操作性の改善による操作性の向上、サービスエリア拡大やメニュー拡充、キャッシュレスの推進などの地域課題の解決に注力して取り組みました。今般Phase2が終了しましたので、その結果と今後の課題をお知らせします。

過去のニュースリリース

Page Topへ