2018年度 ニュースリリース

2018.9.26

JR東日本と東急電鉄が「観光型MaaS」により、シームレスな新しい旅を実現します。 - 国内外観光客の利便性向上と地域活性化を目指し、来年伊豆での実証実験を行います -

東日本旅客鉄道株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長 深澤 祐二/以下「JR東日本」)、東京急行電鉄株式会社(東京都渋谷区、取締役社長 髙橋 和夫/以下「東急電鉄」)は、東日本地区の地方観光拠点において、国内外観光客が駅や空港からの2次交通(バス、タクシー、AI型オンデマンド交通、シェアカー等)をスマートフォンなどで検索・予約・決済し、目的地までシームレスに移動できる「2次交通統合型サービス(以下、「観光型MaaS」)」を提供するとともに、国や自治体と連携しながら、新しい交通手段の開発等に取り組むことで、旅行者の利便性向上と地方活性化に貢献します。また、株式会社ジェイアール東日本企画(東京都渋谷区、代表取締役社長 原口 宰)は、本実証実験の運営事務局を担当し、こうした取り組みの円滑な運営を実現します。さらに楽天株式会社(東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長 三木谷 浩史/以下「楽天」)は、楽天が掲げる「イノベーションを通じて、人と社会をエンパワーメントする」というミッションのもと、多様な顧客接点や観光事業、キャッシュレス社会に向けた決済システム等の知見を活用して、両社と協働します。
 JR東日本と東急電鉄は、2019年から伊豆エリアを対象に、観光型MaaSの実証実験を行います。

過去のニュースリリース

Page Topへ