2018年度 ニュースリリース

2019.2.21

交通広告デジタルサイネージ入稿データ共有プラットフォーム 「TADSS(タッズ)」全国へ拡大!!

○2018年7月から交通広告デジタルサイネージにおける入稿データの共通仕様化に向けて提供を開始したプラットフォーム「TADSS(タッズ)」は、2019年4月より関東地区11社局に加え、北海道地区1社、名古屋地区2社、関西地区6社、四国地区1社、九州地区2社が参画することにより全国23社局での展開となります。
○従来、23社局が展開する電車内・駅構内等のデジタルサイネージでは、各社局ごとの配信仕様に合わせた入稿データを用意していただいていましたが、本プラットフォームの導入により、標準化した入稿データをもとに、各社局が展開するデジタルサイネージへの配信データを自動生成いたします。

過去のニュースリリース

Page Topへ