2015年度 ニュースリリース

2015.9.4

交通広告の効果特性を評価する新たな指標 『オケージョン認知』の開発について

 近年、メディア環境の変化に伴い、交通広告の役割が重要度を増している状況にあります。
弊社は、交通広告の効果を「より適切に評価する指標」が必要と考え、20年にわたり調査研究を重ねてきた「交通広告の特性」に関する知見を生かし、昨今の広告に求められる「行動喚起」にもつながる「新たな広告効果指標」を開発いたしました。
 それが、『オケージョン認知』です。開発にあたり、青山学院大学経営学部 久保田進彦教授の助言と監修を頂戴し、事前調査を踏まえて、今回2度にわたり、定量調査を実施しました。
 この度、その結果がまとまりましたので、『オケージョン認知』の概念とともにご報告します。
近年、メディア環境の変化に伴い、交通広告の役割が重要度を増している状況にあります。
弊社は、交通広告の効果を「より適切に評価する指標」が必要と考え、20年にわたり調査研究を重ねてきた「交通広告の特性」に関する知見を生かし、昨今の広告に求められる「行動喚起」にもつながる「新たな広告効果指標」を開発いたしました。
 それが、『オケージョン認知』です。開発にあたり、青山学院大学経営学部 久保田進彦教授の助言と監修を頂戴し、事前調査を踏まえて、今回2度にわたり、定量調査を実施しました。
 この度、その結果がまとまりましたので、『オケージョン認知』の概念とともにご報告します。

過去のニュースリリース

Page Topへ