2015年度 ニュースリリース

2015.6.16

米国広告業界で注目の「ブランド・アドボケイツ」理論をもとにマーケティングソリューションの新たな手法の開発に着手しました。

ジェイアール東日本企画は、生活者の消費活動における「行動喚起」に着目し、これまでも「交通・モバイル調査」などを通じて、研究を進めてきました。
この度、米国広告業界で重要なマーケティングテーマとして、近年注目を集めている「ブランド・アドボケイツ」理論に着目し、日本でいち早く調査研究を開始しました。
その第一弾として、本年3月「ブランド・アドボケイツ調査」を首都圏エリアにおいて15-74歳男女・32,646人を対象に実施し、このほど調査結果をまとめましたので、ご紹介します。
なお、今回は日本における「ブランド・アドボケイツ」の実態を調査することを主眼にしており、第2回調査以降の研究分析を通じて、実用的理論として、新たなソリューション手法の開発を目指しています。
調査・分析にあたっては、日本に初めて「ブランド・アドボケイツ」という概念と理論を紹介した多摩美術大学美術学部教授・佐藤達郎氏の指導と監修を受けています。

過去のニュースリリース

Page Topへ