2005年度 ニュースリリース

2005.7.22

「JR東日本ポスターグランプリ2005」 シャープ『AQUOS家シリーズ』がグランプリ獲得

グランプリ決定
交通メディア最大の広告賞「JR東日本ポスターグランプリ2005」(主催:(株)ジェイアール東日本企画、後援:東日本旅客鉄道(株)、協力:(株)東京メディア・サービス)は、仲畑 貴志氏ら8名の審査員による審査の結果、別紙の通り各受賞作品を決定いたしました。最高賞であるグランプリに輝いたのは、シャープ(株)「AQUOS 家シリーズ」です。

車体広告部門を新設 
「JR東日本ポスターグランプリ」は、広告表現の質的向上と交通広告の更なる価値の向上を目的として1989年より実施され、今年で17回目を迎えました。従来の「駅ポスター部門」「車内ポスター部門」「サインボード部門」、昨年度より新設された「企画部門」に加え、今年度新たに「車体広告部門」を新設し、交通メディアの現状を反映した多彩な受賞ラインナップとなっています。

応募総数の増加
応募総数は1,052点に上り、昨年度の741点から大幅に増加しました。制作会社やクリエイターからの応募が増えるなど、2年前より導入した公募制の定着とともに、参加者の裾野が確実に広がりつつあります。

東京駅アートロードおよび山手線ADトレインにて受賞作品を展示
受賞作品の発表の場として、8/1~8/31(予定)の1ヶ月間、東京駅丸の内地下通路(アートロード)にて初の受賞作品展を開催いたします。また、昨年に引き続き山手線ADトレイン「ポスターグランプリ2005号」を8/16~8/31(予定)に運行し、動く広告ギャラリーとして一般の方々に広く受賞作品をお披露目いたします。

過去のニュースリリース

Page Topへ