2013年度 ニュースリリース

2013.10.23

交通広告とモバイルの相性の良さで、コミュニケーション効果を高める~首都圏・関西圏生活者の移動行動・意識結果がまとまりました~

 ジェイアール東日本企画は、今年5月に「2013年度首都圏・関西圏移動者調査」(10,000人調査)を実施し、このほどその調査結果をまとめました。
 1995年より3年毎に実施している同調査は、大都市圏生活者の鉄道利用を中心とした移動者の移動行動と生活意識の詳細把握を目的とした大規模調査です。
 有効回収数は、首都圏で約17,000サンプル、関西圏で約5,500サンプルと各都市圏最大級のサンプル調査であり、首都圏・関西圏を同時期に調査し、生活者の意識や移動行動を首都圏・関西圏で比較できます。
 関西圏については、姫路・滋賀・和歌山を新たに追加し調査エリアを拡大するとともに、サンプル数を前回比1.5倍としました。
 さらに、スマートフォン等の使用が日常生活に浸透している中、SNS(Facebook、Twitter等)・インスタントメッセンジャー(LINE、カカオトーク等)の電車内・駅構内での利用状況等の把握ができます。
 以下、スマートフォンならではの新しい行動形態が注目される中、今回の調査結果の一部をご紹介致します。

過去のニュースリリース

Page Topへ