2013年度 ニュースリリース

2013.8.8

車体広告は、ホーム以外からも見られています

○ 当社では、さらなる交通広告のポテンシャルの発掘を目的として、車体広告の認知調査を実施しました。
  その結果、「山手線 車体広告」を見た人の中で、約56%が「JR山手線ホーム以外」で見ているという結果が出ました。
○ この結果より、山手線の車体広告においては、山手線利用者だけでなく、JR他路線利用者や街中の人々など、広域で
   接触する媒体であることがわかりました。
○ 本結果は、「山手線 車体広告 1編成」(2/18~3/17運行)を調査対象とし、「山手線利用者」及び「山手線並走路線
  利用者」に対して調査を実施したものです。

過去のニュースリリース

Page Topへ