デジタル ソリューション

劇的に変化を続けるデジタル環境下、マーケティング領域におけるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

デジタルはマーケティング活動における一部の特別な領域ではないと私たちは考えています。
メディアの多様化とメディア接触状況の変化、スマートフォンをはじめ、様々なデバイスやツールの進化と普及、それに伴う利用時間の増加など、生活者のデジタルシフトは急激に進行しており、もはや日常の中に当たり前のように存在しています。それは、生活者の行動データをはじめ、さまざまなデータを収集しやすくなったという側面も持ち合わせます。
つまり、「データ」や「デジタル」を活用することで、マスメディア、OOHメディア、デジタルメディアといった、さまざまなコンタクトポイントを連動させたり、リアルの場とを組み合わせた、最適なコミュニケーション戦略を構築できるようになったということです。
そうした状況の中、jekiは、首都圏を中心とした壮大なリアルプラットフォームを軸に、ユーザーの移動や消費などを起点とする、データやデジタルを活用したさまざまなノウハウを活用し、企業のマーケティング・コミュニケーション領域において、jeki独自のデジタルソリューション提供を実現していきます。すべてのコミュニケーションは、デジタルを軸としたものへ、jekiは、そうした未来をうみだしていきます。

デジタルマーケティング

多様化したデジタル領域のコンタクトポイントを有機的に連携させ、効果的なコミュニケーション戦略を構築します。

生活そのもの・体験や経験そのものがデータ化され、あらゆるデータを基にしたコミュニケーション設計が今後ますます重要となるなか、デジタル領域におけるトリプルメディアの効果的な活用により課題解決のシナリオを導き出します。また、リアルとデジタル、オフラインとオンラインなど、デジタルマーケティング領域の考え方やノウハウを軸に、さまざまなメディア・手法・ツールを連動させた、クライアントの課題解決に向けた最適かつ効率・効果的なコミュニケーション提案を行います。

オリジナルプラットフォームビジネス

ビッグデータ、XR、AI、IoTなどの先端テクノロジーを具体的なマーケティングプランやデジタルプロモーションなどに落とし込むためのソリューション開発を進めています。

コミュニケーションにおけるデジタルシフトの進行により、ネットを起点としたサービス消費はますます増加しています。デバイスの多様化、IoTの進行などの要因もあり、生活者の行動データはwebのアクセスログデータや購買データに加え、センサーデータやロケーションデータなどまでも取得できるようになってきました。
こうした社会環境・状況をふまえ、jekiは、駅や商業施設などの施設や車両内などリアルな場面に向けたデジタルプロモーションプラットフォームの企画・開発を行っています。
また、リアルとオンラインをつなぐ通信や決済などのインフラ技術支援から、各種キャンペーンの展開まで連動したデジタルプロモーションを提供します。
JR東日本グループ唯一の広告会社として、その資産を活用し、ユーザーの移動や消費などを起点とする、データやデジタルを利活用することによって、新たな価値創造を行っていく、そんな取り組みも私たちのミッションのひとつです。

Page Topへ