メディア

従来の概念にとらわれない発想で、さまざまなメディアを有機的に組み合わせ、「伝えたい」コミュニケーションアイデアを確実に「伝わる」ものにします。

生活者をとりまくメディア環境はドラスティックに変化を遂げ、そして、いまも変わり続けています。こうした状況の中で、私たちは、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌といった既存メディアにくわえ、生活者のリアルシーンで接触可能なOOHメディア、さらにデジタルまでをも常にニュートラルに捉え、「伝わる」コミュニケーションの達成に日々取り組んでいます。

マス4媒体

日々刻々と変化するTV・新聞・雑誌・ラジオなど既存メディアの動向・情勢を見定め、適切かつスピード感あるプランニング、バイイングを実現しています。

私たちは独自に開発したメディアプランニングシステムを駆使し、コミュニケーション目標および、広告予算に対して効果を最大化する最適メディアプランを提供しています。そして、プランをアウトプットするメディア各社において良質な枠・スペースの確保を目指し、各メディアに関する膨大な情報や知見、ネットワークを有した経験豊かなスタッフを配置することで、メディアプランニングからバイイングまで、一気通貫したサービスを提供しています。

OOH

自宅から会社や学校へ、あるいはショッピングへと、日常的に人々が動くとき、その移動空間で必ず目にするのがOOH広告です。私たちは、JR東日本の媒体はもとより、全国の交通広告から街・ショッピングセンター・空港・ロードサインにいたるさまざまなOOH広告に専任担当者を組織し、プランニングやバイイングを進行しています。

私たちは、「伝えたい」を「伝わる」に変えるためのメディアプランニングからメディアバイイングまで、一気通貫したサービスを提供しています。近年では、リーチやフリークエンシーだけを重視したやり方から、あらかじめSNSでの拡散を想定した、OOHとデジタルの融合といったものまで、さまざまなメディアのプランニングのカタチが存在します。OOHの中で今後ますます拡大していくと思われるデジタルサイネージの分野においても、弊社は多くの知見を有しています。さらに、弊社は、JR東日本グループ唯一の広告会社として、その資産を活用し、メディア自体を開発することも行っています。こうしたさまざまなメディアの選択肢の中で、弊社は、真にクライアントの課題解決に寄与できるメディアとメッセージの組み合わせを提案できる数少ない広告会社であると考えています。

Page Topへ