CSR

コンプライアンス

JR東日本グループの企業行動指針、コンプライアンスアクションプラン、当社の経営理念等に基づいて、役員及び全社員でコンプライアンスに取り組んでいます。

環境

環境方針の制定

ジェイアール東日本企画は、以下の環境方針に基づき、環境負荷の低減、資源の有効利用、汚染の予防-電気や紙の使用量の削減又は抑制、廃棄物の削減、適正管理やリサイクルの促進、事務用品等のグリーン購入-に取り組んでいます。

基本理念

ジェイアール東日本企画は、広告事業、媒体管理事業等のビジネス活動を通じて地球環境の保全と汚染の予防に努め、より豊かで持続可能な社会生活の構築に貢献することをめざします。

行動指針

  1. 事業活動に伴う資源・エネルギーの消費や廃棄物の発生による環境への影響を認識し、環境負荷の低減及び汚染の予防に努め、環境マネジメント活動の継続的改善を図ります。
  2. 環境関連の法規制、条例その他関連する事項を順守します。
  3. 環境目的・目標を定めて活動し、定期的な見直しを行ないます。
  4. 省エネルギー、省資源を推進し、リサイクルの促進等により廃棄物を削減します。
  5. 環境保全・環境意識の啓発を考慮した企画提案活動を推進します。
  6. 組織で働く又は組織のために働く人すべてに環境方針を周知し、理解と意識の向上を図ります。
  7. 協力会社と連携を図り、環境保全活動の理解と協力を要請します。

環境マネジメントシステムの
認証取得

環境マネジメントに関する国際規格ISO14001の認証を2008年8月に全事業所を適用範囲として取得しています。
環境マネジメントの実施に当たっては、環境推進委員会を定期的に開催し、推進する体制としています。

情報セキュリティ

情報セキュリティ基本方針の制定

ジェイアール東日本企画は、JR東日本グループの情報セキュリティに関するルールを踏まえ、セキュリティ意識の啓発と厳正な取扱いに取り組むとともにセキュリティ環境の充実に努めています。また、協力会社の皆様にもJR東日本グループのセキュリティレベルを維持していただくよう要請しています。

基本理念

当社は、情報資源を有効活用するため、情報セキュリティを重要な情報戦略の一つとして位置づけ、お客さまと社会に信頼される企業を目指します。

基本方針

  1. 当社は、営業活動等に伴い収集、作成された情報資源を有効活用し、企業競争力を維持向上させます。
  2. 当社は、顧客情報を安全かつ最新の状態で管理し、適正に廃棄し、情報セキュリティを確保します。
  3. 当社は、情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩及び不正アクセス等を防ぐとともに、当社の情報システムがウイルス感染源や不正利用の温床にならないよう、情報資源を適切に管理します。
  4. 当社は、責任体制を明確にするため、情報セキュリティ統括責任者をおき、情報セキュリティポリシー遵守のための規程等の整備と役員及び社員等への啓蒙活動を行います。

情報セキュリティマネジメント
システムの認証取得

情報セキュリティに関する国際規格ISO27001の認証を2005年4月に全事業所を適用範囲として取得しています。情報セキュリティに関する取組みは、情報セキュリティ委員会を毎月開催し、施策を推進していく体制としています。

個人情報保護の取組み

個人情報の取り扱いにあたっては、個人情報取扱ハンドブックや取扱チェックリストを作成し、社員教育を実施するとともに、協力会社の皆様にもセキュリティレベルを維持していただくよう要請しています。

Page Topへ