2018年度 ニュースリリース

2018.6.1

株式会社ビースポークと業務提携開始 ~訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」の自治体向けサービス 提供によるインバウンド受入環境の向上と地方誘客を推進~

株式会社ジェイアール東日本企画(代表取締役社長 原口 宰、以下、ジェイアール東日本企画)と株式会社ビースポーク(代表:綱川 明美、以下ビースポーク)は、多言語によるサービス提供や観光案内など、訪日外国人受入環境整備の課題解決を目的に、訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」のオリジオナルパッケージのサービス提供に関する業務提携を、本日6月1日(金)より開始したことをお知らせいたします。「Bebot」オリジナルパッケージは当社限定のソリューションサービスであり、当社はこれを切り口にJR東日本エリアの観光地や宿泊施設等への「Bebot」導入による訪日外国人受入環境整備の支援を強力に推進していきます。

■業務提携に至った経緯
訪日外国人が急増する中、多言語での観光案内などの受入環境整備について、特に地方における対応の遅れがインバウンド促進の大きな課題となっています。ジェイアール東日本企画ではこれらの動向を受け、ビースポークと業務提携することで、東日本エリアおよび全国における地方自治体、DMOなどの様々な観光関係事業者等のインバウンド受入環境整備を支援し、外国人観光客受入における課題の解消、サービスの向上によるリピート来訪や新規来訪促進、および訪日外国人の「Bebot」利用データを将来的にDMP(Data Management Platform)へ蓄積し、デジタルマーケティングを推進するため、この度の業務提携にいたったものです。

過去のニュースリリース

Page Topへ