株式会社ジェイアール東日本企画

ニュースリリース

2017.7.5

通勤時間を快適にすることで、毎日を豊かに! 通勤ラッシュ緩和へ「時差Biz」ムーブメントを支援

 株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区、代表者:原口 宰)と株式会社JR東日本情報システム(本社:東京都新宿区、代表者:細川 明良)は、東京都交通局が7月11日(火)より実施する「都営交通 朝活応援・時差Bizキャンペーン」を受託し、「時差Biz」ムーブメントを支援します。
 
 本キャンペーンは、東京都が提唱する「時差Biz」運動の一環として行われ、出社時間をラッシュ時よりも早めたり遅らせたりすることで快適な通勤を体験いただき、働く意欲の向上につなげることを狙いとしたキャンペーンで、特に混雑率の高い「日暮里・舎人ライナー及び都営地下鉄数駅」を対象に実施されます。
 
 今回のキャンペーンでジェイアール東日本企画は、「ICカード対応プロモーションプラットフォーム = SF-UNITY®」を活用して、お客さまのICカード乗車券のご利用状況に応じたサービス提供を可能とし、JR東日本情報システムは、キャンペーンに連動するPepperのアプリケーション開発を行います。これら機能の融合により、キャンペーンを告知して「時差Biz」運動への参加を呼びかけるPepper(告知サービス from Pepper)や、抽選応募時にお客さまの参加状況に応じてコミュ二ケーションをするPepper(抽選サービス from Pepper)が登場してキャンペーンを盛りあげ、「時差Biz」運動を応援していきます。

pagetop