株式会社ジェイアール東日本企画

ニュースリリース

2017.3.1

ベネフィットワンソリューションズとJR東日本グループが業務提携  交通費管理サービス「transit manager」 3月提供開始

株式会社ベネフィットワンソリューションズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:玉置光幸)は、株式会社ビーマップ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:杉野文則)と株式会社ジェイアール東日本企画(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:原口宰)と業務提携し、3月からベネフィットワンソリューションズが提供する企業の管理業務全般を一括管理するASPサービス「Hi-VOX」にて、『transit manager(トランジット・マネージャー)』の提供を行ってまいります。
ベネフィットワンソリューションズは、企業の通信費や公共料金の支払い、また出張旅費管理など、主に総務系の管理業務を一括で管理できるASPサービス「Hi-VOX」を提供しています。また「Hi-VOX」の機能の一つとして、ICカードを専用のカードリーダーにかざすだけで、利用した交通機関の履歴と交通費を自動的にデータベースに読み込み、利用者の申請手続き等の手間を簡略化する「自動交通費精算サービス」を提供しています。
そしてこの度、ベネフィットワンソリューションズは、「自動交通費精算サービス」の導入および利用を促進するため、ビーマップとジェイアール東日本企画と業務提携し、「自動交通費精算サービス」の機能を『transit manager』に切り替えて提供してまいります。
 同サービスを提供することで、交通機関データの正確性が向上するほか、スマートフォンなどモバイル端末にも対応することが可能となります。
ベネフィットワンソリューションズは、『transit manager』の提供を通じて、2020年度までに自動交通費精算サービスで2,000社の導入を目指します。
 

pagetop