デジタル ソリューション

劇的に変化を続けるデジタル環境下、マーケティング領域におけるデジタルトランスフォーメーションを支援します。

デジタルはマーケティング活動における一部の特別な領域ではないと私たちは考えています。
メディアの多様化、メディア接触状況の変化、スマートフォンの普及と利用時間増など生活者のデジタルシフトは急激に進行しています。それは生活者の行動データを収集しやすくなったという側面も持ち合わせます。つまり、「データ」や「デジタル」でマス、OOH、ネットといったさまざまなコンタクトポイントを連動させ、最適な戦略を構築できるようになったということです。
これまで専門性の高い、ある種特殊なマーケティングと位置付けられてきたデジタルマーケティングをあらゆるマーケティングコミュニケーションの中心に位置付け、そこから戦略、アイデアを創出してくことが私たちの使命です。

デジタルマーケティング

多様化したデジタル領域のコンタクトポイントを有機的に連携させ、効果的なコミュニケーション戦略を構築します。

リアル、ネットを問わず膨大な情報があふれ続ける環境下、生活者の情報収集手段は大きく変化しています。商品購入までのプロセスで、自分が欲しい情報を欲しいタイミングで入手できないと簡単にそれ以上の情報検索を放棄してしまうこともあります。
運用型広告へのニーズの高まりにはこうした背景があり、時間・場所・状況など生活者の行動・意識をふまえたアプローチがより重要になっていくと考えます。
マスメディアを中心としたプッシュ型メディアとwebサイトのようなプル型メディアではコンテンツの作り方も当然異なるものとなり、ソーシャルメディアのようなユーザー自らがコンテンツ生成するようなメディアにおいても、そのクリエイティブ手法は独自のものが必要になってきます。
デジタルメディアの効果的な活用により課題解決のシナリオを導き出してくことが私たちの考えるデジタル・マーケティングです。

システムソリューション

ビッグデータ、AI、AR、IoTなどの先端テクノロジーを具体的なマーケティングプランに落とし込むためのソリューション開発を進めています。

コミュニケーションにおけるデジタルシフトの進行により、ネットを起点としたサービス消費はますます増加しています。デバイスの多様化、IoTの進行などの要因もあり、生活者の行動データはwebのアクセスログデータや購買データに加え、センサーデータやロケーションデータなどまでも取得できるようになってきました。
こうしたデータを活用し、例えばこれまでのDMPでは専らディスプレイ広告最適化などデジタル領域のコミュニケーションの打ち手のために用いられてきましたが、今後はアナログ施策の最適化も含めて活用していくことが考えられます。
マルチスクリーンで情報接触する現代の生活者のタイムライン行動に沿って、リアルなアクションを促すO2O2O的な取り組みを進めていくことなども考えています。
このようなデータの利活用によって新たな価値創造を行っていくことも私たちのミッションです。

Page Topへ